膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

半月板損傷(はんげつばんそんしょう)


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝痛の時、種類によって痛みも変わってきます。

 

半月板損傷(はんげつばんそんしょう)は膝痛に多い原因です。

 

診断は、問診、視診、触診の他に、レントゲンやMRI検査をするのが一般的です。

 

主な症状としては、膝の曲げ伸ばしができなくなる、痛みが長く続く、膝に力が入らないなどがあります。

 

治療法は、炎症や損傷の度合いによって変わりますが、軽傷の場合は安静にしてサポーターやテーピングなどで固定し経過を見守りますが、重症の場合は手術をするのが一般的です。

 

激しいスポーツが原因になることが多いので、スポーツを辞めるか膝に掛かる負担を減らすような工夫が必要です。

 

膝にかかる負担を減らすためには、体全体の筋肉をバランスよく鍛えることも大切です。

 

半月板損傷になりやすい人は、激しいスポーツや日常生活で膝に強い負担をかけやすい人です。

 

趣味のスポーツならある程度セーブすることも可能ですが、プロスポーツ選手のような場合は簡単に止めることができないので、膝に掛かる負担を減らすような工夫も大切です。

 

半月板は一度損傷してしまうと、完全に修復することができません。

 

このためプロスポーツ選手でも、損傷が酷い場合は現役続行が不可能になることもあります。

 

もちろん一般の人も激し動きや運動をすることで、半月板損傷の可能性もあるので無理はしないように注意しましょう。

 

少しでも痛みがある場合は早めに病院に行くことをおすすめします。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

半月板損傷(はんげつばんそんしょう)

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。