膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)・ランナー膝


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)は、ランナー膝とも呼ばれています。

 

ランナー膝と呼ばれていることからもわかるように、腸脛靭帯炎になりやすい人は一般のランナーが多いと言われています。

 

自己流でフルマラソンなどを走ることで膝に負担がかかり、腸脛靭帯炎になりやすくなると言われています。

 

他には激しいスポーツをする人もなりやすいと言われています。

 

診断は、問診や触診でほぼ判断できます。

 

主な症状としては、膝の外側が痛むことです。

 

この症状が腸脛靭帯炎の特徴です。

 

痛みは走っている時だけの場合もあれば、走り終わった後に痛み出すこともありますが、悪化すると膝の曲げ伸ばしができなくなってきます。

 

治療法としては軽傷の場合は安静にして膝に負担をかけないようにします。

 

そのため、マラソンやジョギングなども一時期は中止します。

 

なかなか痛みが消えない場合は、アイシング、湿布などを使いながら、ストレッチや運動療法などを取り入れ様子を見ます。

 

重症の場合はレーザーや超音波、温熱療法なども取り入れていきます。

 

原因は膝に負担をかけすぎることなので、予防法としては走る前には十分なストレッチを行い体を温めほぐしてから走る、自分の限界を知り無理をしない、正しい走り方を身に付けるなどです。

 

トレーニングをする場合も毎日続けてしまうと、筋肉や膝を酷使してしまいます。

 

走った後はトレーニングメニューを軽くするなど、メリハリをつけることも考えてみましょう。

 

また走った後はクールダウンも必要です。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)・ランナー膝

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。