膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

膝蓋腱炎(しつがいけんえん)・ジャンパー膝


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝蓋腱炎(しつがいけんえん)は別名をジャンパー膝とも言います。

 

問診や触診の他、レントゲン撮影でほぼ診断できます。

 

主な症状としては、ジャンパー膝と呼ばれることからもわかるように、ジャンプしたり走ったりした時に痛みが出ます。

 

膝のお皿の下あたりに痛みが出ますが、初期は運動後の痛みのみで悪化すれば何もしないのに痛みが強くなっていきます。

 

治療法としては、炎症を抑えるためにアイシングや湿布をします。

 

膝を伸ばした状態で固定することで、負担を軽減できるので痛みも和らぎます。

 

予防法としては、スポーツをする時には膝だけに負担をかけないように、太ももなどもバランスよく鍛えることが大切です。

 

スポーツをする場合もウォーミングとクールダウンには時間をかけ、体をいたわりましょう。

 

膝蓋腱炎の主な原因はスポーツによるものが多いのです。

 

そのため、膝蓋腱炎になりやすい人もスポーツをする人です。

 

事故や糖尿病などで膝蓋腱炎を起こすこともありますが、スポーツをする人は特に注意しましょう。

 

膝の曲げ伸ばしの時、膝蓋腱が引っ張られ着地の時に負担が掛かり炎症を起こします。

 

ランニングやジャンプといった動作が最も膝蓋腱に負担をかけてしまうので、スポーツをする時、トレーニングをする時も負担を軽減する工夫をすれば予防も可能になります。

 

今はシューズも性能が良くなっていますが、それだけに過信せず体の状態を確認しながらやりすぎや自分の限界を超えて無理しすぎないようにすることも大切です。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

膝蓋腱炎(しつがいけんえん)・ジャンパー膝

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。