膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)は、問診、視診、触診の他にレントゲン撮影で診断します。

 

主な症状としては、膝の曲げ伸ばしができない、動かそうとすると激しい痛みが走るなどが一般的ですが、安静時には痛みがないのも特徴です。

 

離断性骨軟骨炎は骨の欠片が膝関節液の中を浮遊するので、関節の間に入り込むと激痛となることもありますので、この場合は手術でかけらを取り除きます。

 

関節鏡視下手術が可能なので、傷も小さく体への負担も少なく済みます。

 

予防法としては、運動のしすぎで膝への負担が蓄積されることで起こりますので、自分の限界を知り無理をしないことが大切です。

 

トレーニングをする場合も、毎日きついトレーニングではなく、メリハリをつけ時には筋肉を休めることも考えましょう。

 

離断性骨軟骨炎になりやすい人は、スポーツ選手です。

 

離断性骨軟骨炎で出来る骨の欠片は、関節液の中を漂い大きくなることもあります。

 

大きくなれば挟まった時や、ぶつかった時にも痛みが強くなります。

 

放置しても消えることはないので、何らかの方法で摘出します。

 

膝がブロックされたようになり動けなくなるのと同時に、激しい痛みが出るので痛みが出たらすぐに病院に行くのが賢明です。

 

放置してしまうと変形性膝関節症の原因となり、膝痛も酷くなっていきます。

 

また痛みもかなり激しいので我慢していても自分が辛くなるだけですから、早めに病院に行きましょう。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。