膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

大腿四頭筋炎(だいたいしとうきんえん)


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

大腿四頭筋炎(だいたいしとうきんえん)は、太ももにある4つの筋肉から構成される部分の炎症です。

 

問診や触診などで診断しますが、年齢によって痛みの出る場所が変わってきます。

 

主な症状としては、太ももの痛みです。

 

太ももが痛いためにかばうことで膝に負担が掛かり、膝痛になることもあります。

 

原因は大腿四頭筋の疲労の蓄積や緊張から起こるものなので、治療法は足全体の筋肉をほぐします。

 

ただし太ももだけをほぐしても再発しやすいので、整体などで足の歪みも改善していきます。

 

大腿四頭筋炎になりやすい人はスポーツをする人です。

 

予防法としてはスポーツをする前の念入りなストレッチが一番だと言われています。

 

スポーツでもジャンプやキックなど、太ももに大きな負担がかかるスポーツは特に注意しましょう。

 

足に歪みがあると、太ももから膝にも影響が出てしまうので、膝痛の原因となることもあると言われています。

 

スポーツをしている時には痛みがあっても、安静にしていると痛みが消えることもあるので見過ごしたり放置してしまうこともあります。

 

またスポーツ以外にも立ち仕事や過度の運動などでも、大腿四頭筋炎になることはありますので、無理をしないことも大切です。

 

もしも太ももや膝にかけて痛みが出た場合は、放置せず早めに病院に行きましょう。

 

炎症も酷くなれば回復にも時間がかかってしまいます。

 

放置したことで膝まで痛くなってしまうこともあるので、できるだけ早めに対処しましょう。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

大腿四頭筋炎(だいたいしとうきんえん)

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。