膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん)


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん)は、問診、触診、視診以外に、レントゲン、MIR検査、血液検査、関節液検査などいくつかの方法から診断します。

 

全ての検査から比較して判断することが多いようです。

 

主な症状としては、病名からもわかるように化膿と炎症があるので、腫れて熱を持ち痛みもあります。

 

原因は、例えば膝に傷口があってそこから細菌感染することが多くなります。

 

他には膝の手術の後の感染症などでも化膿性関節炎になることがあるので、特になりやすい人というのはありません。

 

治療法としては、炎症や化膿を抑えるための抗菌剤や抗炎症剤、抗生物質などを使います。

 

膿が溜まっている場合は注射器で膿を取り除くこともあります。

 

炎症や化膿が酷く注射器だけでは対処できない場合は、手術をすることもあります。

 

手術も状態によっては内視鏡を使うこともできるので、症状に応じて決めていきます。

 

予防法としては膝に傷があるような場合は、細菌感染しないように常に清潔を心がけましょう。

 

手術をした後などは自分で管理できない部分もありますが、免疫力を高めておくことで細菌や雑菌が入り込んでもそれに抵抗することができれば、炎症や化膿を酷くせずに済みます。

 

生活習慣や食事などを規則正しくすることや栄養バランスなども大切ですが、腸内環境を改善することで免疫力や抵抗力を高めることができます。

 

腸内環境の改善にも食事や生活習慣の見直しは必要ですし、適度に運動も取り入れて行きましょう。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん)

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。