膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

単純性股関節炎(たんじゅんせいこかんせつえん)


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

単純性股関節炎(たんじゅんせいこかんせつえん)は、問診と血液検査で診断をします。

 

ただし他にも病気の可能性がある場合は、より詳しく検査するためにCTやMRI検査をすることもあります。

 

主な症状としては、風邪を引いた後に痛み出す、ガニ股になる、運動後に膝が痛むなどがあります。

 

痛みが酷くなると痛い方の足をかばうので、びっこを引くこともあります。

 

本来は股関節の炎症なのですが、足をかばうことで膝にも負担が掛かり膝痛の症状を起こすことがあります。

 

単純性股関節炎になりやすい人は幼児です。

 

特に治療をせずに安静にして栄養のあるものを食べていれば、風邪の完治や体力の回復とともに治っていきます。

 

ただし完治までには個人差もあります。

 

一般的には1週間〜2週間ほどかかるので、すぐに治したい場合は抗生物質や鎮痛剤などを使いながらの治療も可能です。

 

ただし単純性股関節炎にかかりやすいのは幼児であるため、無理に治療をしなくても安静にしていられる環境があれば薬に頼ることなく治るまでゆっくり休ませるのも一つの方法です。

 

予防法としては、一度でも単純性股関節炎になると再発のリスクも高くなると言われているので、風邪を引かないようにするなどの工夫が必要です。

 

単純性股関節炎からペルテス病になることもあるので注意が必要です。

 

単純性股関節炎になりやすいのが幼児なので、親が健康管理をすることも大切です。

 

突然子供が足を痛がるような場合は、単純性股関節炎の可能性も疑ってみましょう。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

単純性股関節炎(たんじゅんせいこかんせつえん)

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。