膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

膝痛のセルフチェック


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝痛は誰でもなる可能性があるので、普段からセルフチェックをしておけば早期発見と早期治療ができます。

 

セフルチェックの方法もいくつかありますが、痛みや違和感を覚えたらとりあえず病院で検査したり診察してもらえば適切な治療ができますし、悪化させずに済みます。

 

特に酷使していなくても膝は、普通の生活でもかなり使っているので少しでも炎症が起こると炎症も酷くなってしまいます。

 

まず膝痛のセルフチェックなどでネット検索すると、自分でできるチェックシートなどがあるのでそれをやってみましょう。

 

サイトによって多少の違いはありますが、ほとんどが膝に関する質問に「はい・いいえ」で答えるか、当てはまるところにチェックを入れるという仕組みです。

 

質問項目の数もそれぞれ違いますが、自分の症状に当てはまっている数が多いほど膝痛の可能性が高くなるというものです。

 

質問はどれもわかりやすいシンプルなものですから、誰でも簡単にトライできます。

 

またセルフチェックシートをするまでもなく、明らかに痛みがあったり、腫れや変形がある場合はすぐに病院に行くことをおすすめします。

 

セフルチェックシートの項目を簡単に紹介しておくと、「膝を動かすと痛い」、「押した時だけ痛い」、「肥満である」、「運動不足である」、「膝を曲げると痛い」、「走ると痛い」などです。

 

ある程度自覚症状があるとほとんどの項目に当てはまるので、そういう場合も早めに病院で診察をしてもらう方がいいでしょう。

 

膝痛の症状や原因によって対処法も変わってきます。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

膝痛のセルフチェック

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。