膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

変形性膝関節症(へんけいせいしつ(ひざ)かんせつしょう)


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

変形性膝関節症は、問診やレントゲンで診断されます。

 

主な症状は進行状態によっても変わりますが、初期の段階は膝を動かした時だけ痛むといったような軽い痛みです。

 

しかし治療をせずそのままにしていると症状も進行していくので、次第に立つ座る、階段の上り下りをしただけでも膝に痛みが走るようになります。

 

病名からもわかるように、変形しているため膝が思うように動かせなくなったり曲がらなくなることもあります。

 

炎症を起こせば関節の腫れや膝に水が溜まるなど目立った症状も出てきます。

 

変形性膝関節症になる原因は、主に加齢だと言われています。

 

膝を支えるクッションの役目をしている軟骨がすり減ることで変形性膝関節症になります。

 

軟骨の再生は年齢とともに低下していくので磨り減った軟骨の再生が追いつかなくなることで形が代わり様々な影響が出てきます。

 

変形性膝関節症になりやすい人は高齢者ですが、膝に常に負担を欠ける体重の重い肥満も原因の一つです。

 

中でも更年期の女性は変形性膝関節症になりやすいと言われているので注意が必要です。

 

治療法としては初期の段階なら消炎鎮痛剤で炎症を抑え、湿布やサポーターを使いながら適度に膝周辺の筋力を鍛えることで集中する負担を軽減できます。

 

症状がかなり進行している場合は手術で関節を人工関節にするという方法もあります。

 

また軟骨の再生をサポートするサプリメントを取り入れたり、ヒアルロン酸注射などもあります。

 

これは痛みを改善する方法として取り入れることもできますし、こうすることで予防にもつながります。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

変形性膝関節症(へんけいせいしつ(ひざ)かんせつしょう)

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。