膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)は、問診やレントゲン検査で診断するのが一般的です。

 

病名からもなんとなくわかると思いますが、主な症状としては股関節が変形してしまうので、股関節周辺の痛み、足をスムーズに動かせない、股関節をかばうことでびっこを引いたり膝痛などの症状が出ることもあります。

 

原因は股関節の変形ですが、これは加齢で骨がすり減るなども原因の一つです。

 

また、生まれつき股関節に問題がある人や、発育不全なども原因になります。

 

変形性股関節症は中年女性に多く見られることから、30代〜50代の女性は注意が必要です。

 

消炎鎮痛剤やサポーターを使うところは、変形性膝関節症とほぼ治療法が同じですが、股関節の場合は他に動かすことで炎症を酷くしてしまうこともあるので、できるだけ負担をかけないように安静にしている方がいい場合もあります。

 

症状が酷い場合は手術という選択肢もあります。

 

生活習慣や食事、サプリメントなども治療に役立つので、治療を進めながら自宅で出来ることも取り入れていくといいでしょう。

 

予防法としては生活習慣や食事の見直し、サプリメントで関節をサポートする成分を生成しやすくするなどです。

 

運動不足も変形性股関節症を悪化させることがあるので、痛みが消えたら適度な運動も取り入れていくといいでしょう。

 

また腰や股関節周辺の冷えも痛みを悪化させるので、暖かい下着やお風呂で体を温めることなども取り入れていくといいでしょう。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。