膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

大腿骨頭壊死(だいたいこっとうえし)


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

大腿骨頭壊死(だいたいこっとうえし)は、問診などの他にレントゲン検査やMRI検査で診断を行います。

 

主な症状としては、初期の段階では股関節や膝に痛みが出ますが、安静にしていれば痛みが消えるので見過ごしてしまいがちです。

 

症状が進行すると歩くだけでも痛くなり、膝が曲がらなくなってきます。

 

痛みも一時的なものではなく、慢性的になってきます。

 

原因は病名を見てもなんとなくわかるように、血流障害などが原因で大腿骨の先端が壊死してしまうため、骨がモロくなり変形してしまいます。

 

このため骨がずれてしまい他の部分に当たり痛みが出てきます。

 

大腿骨頭壊死になりやすい人は、中高年以降の人です。

 

治療法についてですが、大腿骨頭壊死のはっきりとした原因が解明されていないため様々な方法を試します。

 

初期の段階では、サポーターなどで固定しながら消炎鎮痛剤を服用し炎症と痛みを抑えます。

 

しかし人によっては症状が進行してしまい壊死も広がるので、この場合は手術をして壊死した部分を切除し、人工関節や人工骨などを代わりに使うこともあります。

 

放置していると痛みも強くなってきますし、変形性膝関節症変形性股関節症の原因にもなるので早めの対処が大切です。

 

大腿骨頭壊死が原因で痛みが出ても、一般的な膝痛や関節痛の痛みと似ているので軽視してしまう傾向があります。

 

症状は同じでも壊死が進めば、足や体を支える大切な骨や組織も失われていくので念のため早めに病院に行きましょう。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

大腿骨頭壊死(だいたいこっとうえし)

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。