膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

膝の痛みと男女比率


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝痛は誰でもなる可能性のある症状ですが、高齢者になるほど膝痛になりやすく、また男女比率で見た時は女性の方がなりやすい傾向があるようです。

 

特に高齢者の女性には膝痛の症状を訴える人も多いので、やはり女性の方が男性よりも膝痛になりやすいと思っておくといいかもしれません。

 

原因もいくつかありますが、女性の場合は大体50歳前後に閉経を迎えます。

 

これが原因で女性ホルモンが激減してしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れは体の様々なところに影響を与えてしまいますが、骨粗鬆症になりやすいのも女性が膝痛を起こしやすいと言われているのに関係しています。

 

実際に閉経を迎えた女性は、膝痛という症状を訴える人が多いと言われています。

 

多少個人差もありますが、骨粗鬆症は骨がスカスカのスポンジのようになってしまうので、膝にも負担をかけてしまいます。

 

これを予防するには閉経を迎えるであろう年齢に近づく前から、骨密度を高めるよう工夫をすることが必要です。

 

そのためにはカルシウムを積極的に摂取したり、カルシウムの吸収をサポートするために日光浴をするなどもいいでしょう。

 

食事の栄養バランスも大切ですが、食事だけでは補えない場合には、サプリメントを取り入れるのもいいでしょう。

 

膝痛にはサプリメントも効果があるので、早いうちから飲み始めることで将来の膝痛を予防することもできます。

 

骨粗鬆症が酷くなれば自力では解決できないので、この場合は医師に相談してみることをおすすめします。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

膝の痛みと男女比率

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。