膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

ペルテス病


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

ペルテス病の診断は、問診、レントゲン検査、CT検査、MRI検査などを行います。

 

主な症状としては、足をねじるような動作をした時に股関節や膝に痛みが出ます。

 

ペルテス病になりやすい人は3歳〜12歳くらいまでの子供に多く、特に男の子に多いと言われています。

 

大人の場合は大腿骨骨頭壊死とも言うので、原因も大腿骨骨頭壊死と同じように血流障害が起こることで大腿骨の頭の部分が壊死してしまいます。

 

はっきりとした原因は解明されていませんが、股関節に障害を起こすとそこからペルテス病になるとも言われています。

 

予防法についてですが、もしも幼児期に股関節の障害があった場合は、しっかりと治療をしておかないとそれが原因で発症することもあると言われているので適切な治療を受けましょう。

 

治療法は、安静にしているのが一番です。

 

しかし壊死が広まった場合はそのままにしておけないので、大腿部か骨盤の一部を切除して形を変える手術で対処します。

 

ペルテス病は子供の病気ですが、もしも骨が壊死しても成長とともに回復するのが特徴です。

 

大人の場合は一度壊死するとそのままでは回復しませんが、子供の場合は必ずしも手術をしなくてもいい場合もあります。

 

手術以外の方法としては、股関節や関節を固定する器具を使います。

 

股関節や膝を固定することで、骨の変形を防ぐことが出来るからです。

 

ただし固定する治療法は2年〜3年と時間をかけていくので、簡単な治療ではありません。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

ペルテス病

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。