膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

痛風


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

痛風は、問診、視診、触診以外に血液検査などで診断します。

 

主な症状としては、関節の痛み、周囲の赤みや腫れです。

 

症状が出る場合、どこか一つの関節だけというのも痛風の特徴です。

 

どこに症状が出るかは個人差もありますが、主に足の親指の付け根、足首の関節などです。

 

炎症だけの場合もあれば、激痛となることもあって、風が吹くだけでも痛いことから痛風と呼ばれるようになったとも言われています。

 

食事や生活習慣が原因となり、尿酸値が高くなることで痛風になります。

 

尿酸が体の中に溜まってしまうと、それが結晶化します。

 

その結晶が関節の間に入り込むことで炎症を起こすので、激痛がすることもあります。

 

痛みはしばらくすると消えますが、これは治ったわけではないので放置すれば痛みが慢性化することもあります。

 

痛風になりやすい人としては20歳以上の男性に多いと言われています。

 

尿酸値が高い人は遺伝の可能性もあるので注意しましょう。

 

痛風の治療法ですが、原因が尿酸値の高さにあるので尿酸値を下げる治療をします。

 

尿酸値のコントロールをすることで予防にもつながりますが、これは薬の治療以外にも食事療法もあります。

 

痛風は放置してしまうと糖尿病や高止血症、尿路結石などの合併症を起こすこともあるので軽視できません。

 

特に発作を起こすとかなり激痛がするので、日常生活にも支障が出てしまいます。

 

食事と生活習慣の改善は、痛風治療と痛風予防にも効果があることが確認されています。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

痛風

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。