膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

成長痛


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

成長痛は、問診、視診、触診やレントゲン検査で診断をするのが一般的です。

 

成長期の子供の症状なので成長に伴い体のあちこちに出る痛みを総称してこう呼んでいるので、症状には個人差があります。

 

ですが、痛みが出るのが夕方から朝にかけてという特徴があります。

 

また痛みを訴えても30分〜1時間ほどで痛みが消えてしまうことが多いと言われています。

 

原因としては成長期に出る痛みということ以外、はっきりとした定義がないので成長に伴う痛みとして判断されていますが、ストレスや疲労が蓄積された時に成長痛を起こすこともあると言われています。

 

成長痛になりやすい人は成長期の子供です。

 

成長に伴うものなので痛みが出たら安静にしているしかありません。

 

スポーツをしている子供や、活発に動き回る子供はジャンプやダッシュなどをしないような注意も必要ですが、サポーターをすることで痛みが出た時に痛みを和らげることができます。

 

ストレスや疲労の蓄積も成長痛の原因となるので、この場合はストレスを解消してできるだけストレスをかけないよう注意しましょう。

 

疲労が蓄積している場合はゆっくりと体を休めることも大切ですが、鍼治療は筋肉のコリや緊張をほぐし疲労回復の効果も期待できることから、原因によっては鍼治療を取り入れることもあります。

 

運動をする場合は念入りにウォーミングアップやストレッチをしたり、運動後にもクールダウンとストレッチをすることで予防にもつながります。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

成長痛

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。