膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

オスグッド病・シュラッテル病


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

オスグッド・シュラッテル病は、問診、触診の他レントゲン検査で診断を行うのが一般的です。

 

主な症状としては、正座をした時に膝が痛む、膝を強く曲げた時に膝のお皿の下が痛むなどの特徴があります。

 

炎症が酷いと腫れて熱を持つこともありますが、痛いのは一箇所だけで他の部分を指で押しても痛みはありません。

 

オスグッド・シュラッテル病になりやすい人は成長期の子供ですが、特に小中学生でスポーツをする子供に多いことから、スポーツ障害とも言われています。

 

成長に伴い骨も成長していきますが、柔らかい骨から硬い丈夫な骨へと変わる時に運動をするとで刺激となり、骨の成長と筋肉の成長に差が出てしまうことがあります。

 

骨格のバランスを崩すことが原因になると言われていますので、成長痛の一種として考えることもできます。

 

成長に伴う骨と筋肉の成長スピードがバランスを取れるようになれば、痛みも消えていきます。

 

一時的なことなのでオスグッド・シュラッテル病だと診断されても、自然に治るのを待つのが一般的です。

 

ただし痛みが酷い場合やすぐに痛みを抑えたいような場合は、レーザー治療や消炎鎮痛剤を使うことで対処できます。

 

運動前の念入りなウォーミングアップとストレッチ、運動後のクールダウンとストレッチで筋肉の柔軟性を付けることで予防にもつながります。

 

また足を冷やしてしまうと血行不良から、コリや疲労の原因となるのでサポーターなどで冷やさないような工夫も取り入れていきましょう。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

オスグッド病・シュラッテル病

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。