膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

スポーツ障害


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝痛といっても原因は実に様々です。

 

年齢、スポーツ、生活習慣、体重、病気など色々ありますが、原因を知ることで適切な治療や予防ができます。

 

膝痛の中でも年齢に関わらず多いのは、スポーツ障害です。

 

その名の通りスポーツをすることで、膝に過度の負担をかけ膝の関節や筋、筋肉に炎症を起こし膝痛といった症状が出ます。

 

スポーツにも種類はありますが、ジャンプ、ダッシュなど膝に負荷がかかりやすいスポーツはスポーツ障害になりやすい傾向があります。

 

代表的なものとしては、サッカー、ラクビー、バレーボール、バスケットボール、ジョギング、ランニング、マラソンなどが挙げられます。

 

サッカーやラグビーのように試合の間中走りっぱなしのスポーツは、膝に過度の負担をかけますし、転んだり、選手同士が激しくぶつかり合うこともあるので膝への負担も大きくなります。

 

また、ジョギング、ランニング、マラソンは、走り方によって着地の時に膝に大きな負担がかかり、膝痛の原因になることが多いと言われています。

 

バレーボール、バスケットボールは一見膝に負担が掛からないように思えますが、シュートやアタックの時には、高くジャンプしますので着地の時に膝にかかる負担も大きくなります。

 

スポーツの種類によってはどうしても膝に負担がかかりやすいものもあります。

 

事前のウォーミングアップとクールダウン、ストレッチで柔軟性をつけておくのも予防策の一つです。

 

またサポーターやテーピングなどで膝への負担を軽減するのもいい方法です。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

スポーツ障害

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。