膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

捻挫や打撲


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

捻挫や打撲も膝痛の原因になります。

 

例えば立ち上がろうとした時、バランスを崩してしまいよろめき足をひねってしまうとか、変な角度で足をついてしまうことがあります。

 

特に何もなくても普段から転びやすい人は、転んだ時に膝を強打してしまうこともあります。

 

また普段からスポーツをしている人も、ちょっとした油断で捻挫をする事もあります。

 

例えば足首を捻挫してしまった場合は歩くと痛いのでどうしても痛い足をかばって歩きます。

 

こうすることで逆の足の膝に負担が集中するので、膝痛を起こすこともあります。

 

普段はほとんど運動をしない人が、突然走ったりスポーツを始めようとした時、準備運動が不十分だと筋や筋肉の柔軟性がないのでこれも捻挫や打撲の原因になります。

 

うっかり転んでしまったり、どこかに膝を強くぶつけてしまうのは誰にでもあることです。

 

完全に防ぐことはできませんが、筋肉や筋の柔軟性があればとっさの時にも素早く反応できるので、普段からストレッチや体操をして柔軟性をつけておくのも予防につながります。

 

また適度な筋力があれば、足をかばった時も膝に負荷が集中するのを防ぐことができます。

 

立ったり座ったり、階段の上り下りという何気ない日常生活での行動でも、柔軟性がないとバランスを失って転んだだけで捻挫や打撲をするので膝痛の原因になってしまいます。

 

本格的な筋力トレーニングをしなくても、椅子に座ったままでできるストレッチや、床に座ったままで出来るストレッチもあるので柔軟性を養っておきましょう。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

捻挫や打撲

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。