膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

O脚(がに股)・X脚・偏平足


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

O脚やX脚の場合はどうしてもバランスを取る時に、重心が外側や内側に偏ってしまいます。

 

O脚の場合は内側に、X脚の場合は外側に重心が偏るので、当然のように膝にかかる負担も偏ってきます。

 

歩く、立つ、座るという毎日の何気ない動作でもそうですし、スポーツやトレーニングをする場合はさらに偏った負担がかかりやすいので、その結果膝痛の原因となってしまいます。

 

偏平足の人も足の裏の衝撃がダイレクトに膝に伝わりやすいので、どうしても膝にかかる負担が大きくなり膝痛の原因となってしまいます。

 

今はO脚やX脚の矯正などもできるようになっていますし、自宅でも使える矯正ベルトや体操で多少改善する事もできます。

 

ただし曲がり方が強い場合は、自己流で矯正しようとするとかえって負担をかけてしまい痛みが悪化する事もあるので、念のため整形外科などで相談することをおすすめします。

 

またスポーツや運動をする人は、テーピングやサポーターを使うことで、膝にかかる負担を軽減できる場合もあります。

 

これもある程度専門的な知識が必要なので、病院などでやり方を教えてもらうのがいいでしょう。

 

ただしO脚やX脚でも個人差があるので、全ての人が膝痛を起こすとも限りません。

 

まっすぐな足に比べて膝痛になるリスクは高くなりますが、歩き方や靴を工夫する事で膝痛を予防する事は可能です。

 

偏平足の人は、土踏まずができるように靴の中敷きを使うのもおすすめです。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

O脚(がに股)・X脚・偏平足

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。