膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

膝に痛みが出た場合の応急処置法


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝に痛みが出た場合の応急処置法を知っておくことで、どうしても病院に行けない時に役立ちます。

 

どの程度の痛みなのか、膝痛になった原因によっても応急処置は変わってきます。

 

応急処置の方法には大きく分けて4つあります。

 

アイシング

 

膝に痛みが出た場合は炎症を起こしている可能性が高いので、炎症を鎮めるためにアイシングをします。

 

アイシング専用の氷のうに氷を入れて膝に当ててもいいですし、氷のうがない場合は氷、保冷剤や冷凍食品などをビニール袋やタオルに包んで幹部に当てます。

 

目安としては大体15分〜20分程度で、冷えて感覚がなくなるくらいまで冷やします。

 

挙上

 

炎症を起こした場合はそこに血液などが集中してくるので、心臓よりも膝の位置を高くして血液が溜まらないようにします。

 

これを拳上(きょじょう)と言います。

 

膝の場合は起きたままでは難しいので、横になり足を何かの上に乗せ心臓よりも高くします。

 

圧迫

 

膝痛を起こした時にはアイシングも効果的ですが、包帯やテーピングで圧迫すると腫れを抑えることができます。

 

ただしこの場合は素人がキツく巻きすぎてしまうと、うっ血したりかえって痛みが酷くなることがあるので、詳しい人にやってもらうなどの工夫は必要です。

 

使用する包帯やテーピングも収縮性のあるものがおすすめです。

 

長時間圧迫するとしびれてくるので、痺れたら緩めまた圧迫を繰り返します。

 

患部の固定

 

怪我や事故で膝に強い衝撃を受けた場合は、膝を固定して動かさないようにします。

 

当て木になるような厚紙や板をあて、包帯やテーピングがあればそれを使い、なければタオルや布で代用します。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

膝に痛みが出た場合の応急処置法

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。