膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

加齢や病気


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

病気にも種類がありますが、病気が原因で膝痛を起こしている場合は、病気の治療をする事で膝痛も解消されますのでまずは病気の治療を優先します。

 

痛みが酷いような場合は、痛み止めなどを処方して痛みに対処していきます。

 

加齢が原因となる膝痛にもいくつかの種類はありますが、その多くは軟骨がすり減ってしまうことで起こる膝痛です。

 

年齢とともに体の機能も老化していくので、軟骨を生成するスピードも衰えていきます。

 

しかし歩く、立つ、座るという日常生活の動作でも膝を使うため、消耗するスピードの方が早くなり軟骨を再生するスピードが追いつかなくなっていきます。

 

このため軟骨がすり減ってしまい、炎症を起こし膝痛となってしまうのです。

 

これを予防するためには、ある程度の年齢になったら痛みが出る前に軟骨を生成する成分を積極的に補う必要があります。

 

ヒアルロン酸、コンドロイチン、グルコサミン、コラーゲンなどいくつかありますので、これらを含む食材を取り入れたりサプリメントで補うのも効果的です。

 

膝の痛みが出てからでも、加齢から来る軟骨の磨り減りが原因の場合は、サプリメントを取り入れるのも効果的です。

 

即効性はありませんが、続けることで少しずつ軟骨の生成をサポートしてくれます。

 

また炎症がある時には無理はできませんが、加齢による膝痛は筋力の低下も原因になります。

 

散歩やラジオ体操など簡単な運動で適度に筋力をつけていきましょう。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

加齢や病気

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。