膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

老化や肥満


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

まず老化の場合は関節を支えクッションの役目をしている軟骨がすり減ることで炎症を起こしやすくなります。

 

これは老化によるもので軟骨を再生する機能が、すり減るスピードに追いつかなくなってしまうからです。

 

年齢とともに体内で生成される成分も減少していきますので、軟骨を再生する機能も衰えていきます。

 

軟骨が磨り減り骨や関節がぶつかる事で炎症を起こし、膝痛となってしまいます。

 

そのままにしておくと痛みも慢性化してしまいますし、骨も変形してしまうので適切な処置が必要です。

 

ある程度の年齢になったら誰にでも起こりうる事なので、サプリメントなどで軟骨の生成をサポートする成分を積極的に補って行きましょう。

 

こうすることで膝痛の予防にもつながりますし、他の部分の関節や軟骨のサポートにもなります。

 

肥満の場合は体重が重いことで膝に掛かる負担が大きくなります。

 

特に運動をしなくても立つ、座る、歩くという日常生活での動作でも、動くたびに膝に過度の負担がかかるので膝痛を起こしやすくなります。

 

この場合は体重を減らし膝への負担を軽減させるのが一番です。

 

運動どころか歩くこともままならなくなってしまうので、ダイエットするのが一番効果的です。

 

肥満の場合は膝痛以外にも他の病気を引き起こす事になるので、できるだけ早い段階でダイエットをするのがいいでしょう。

 

運動を取り入れるのもいい方法ですが、体重が重い間は無理な運動も膝に負担をかけるので注意が必要です。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

老化や肥満

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。