膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

薬物療法


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝痛の治療方法にも種類がありますが、薬物療法を取り入れることが多くなります。

 

しかし薬にも種類がありますし、それぞれに効果や副作用なども違ってきます。

 

それぞれのメリットやデメリットも合わせて見ていきましょう。

 

消炎鎮痛剤や非ステロイド性抗炎症薬は、内服薬や座薬として処方されることが多くなります。

 

患部の炎症と痛みを鎮める作用がありますし即効性がありますが、副作用として胃痛や胸焼けなどが出ることもあります。

 

また長期間の服用には不向きです。

 

外用薬としては、湿布薬が一般的です。

 

内服薬との併用で効果も出やすく、炎症や熱や腫れがある場合は冷やし、炎症がない場合は温めるなど使い分けができます。

 

副作用も比較的少ないのですが、皮膚の弱い人はかぶれることもあります。

 

長期間使えるのはメリットと言っていいでしょう

 

薬物注射は、ヒアルロン酸やステロイド性抗炎症薬があります。

 

即効性と持続性のあるところはメリットですが、ステロイド系のものは副作用が出やすいのはデメリットになってしまいます。

 

その変わりヒアルロン酸注射は即効性と持続性がありながら、副作用はステロイド系に比べると少ないと言われています。

 

ただし体質や健康状態によっては、注射の直後に不整脈などが出ることもあるので経過を見守ることも大切です。

 

注射はメリットも多いと言われていますが、感染のリスクがあるので注意が必要です。

 

それぞれにメリットもあればデメリットもありますが、症状に合わせて治療法も変わってきます。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

薬物療法

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。