膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

装具療法


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝痛の治療に装具療法を取り入れることもあります。

 

装具療法は大きく分けてサポーター、コルセット、足底板、杖の方法があります。

 

サポーターやコルセットは、膝だけでなく膝の周囲を広めに覆うタイプを使い膝にかかる負担を軽減したり、冷えると痛みが増す場合の保温目的に使われます。

 

種類もいくつかありますが、生地が固いもの、柔らかくストレッチ性にすぐれているもの、蒸れないよう通気性のいいものなどがあります。

 

保温目的で使う場合は、生地に遠赤外線効果のあるものを選ぶと暖かさを感じるので冷えを防ぐのにもピッタリです。

 

足底板は、靴の中敷として使います。

 

O脚やX脚、偏平足のように膝に負担がかかりやすい場合、立った時や歩く時のバランスを整えたり、体重が片側にかかるのを軽減させることができます。

 

偏平足の人は土踏まずが出来るだけでも、足を地面につけた時の衝撃を足底板が軽減してくれるので膝にかかる負担も軽減できます。

 

靴の中に入れて使うものや、足の裏に直接貼るもの、歩いている時にずれないようにサポータータイプになっているものもありますので、自分にとって一番使いやすいものを選ぶこともできます。

 

杖は歩く時に持つ事で、膝に掛かる負担を軽減できます。

 

1本の杖もあれば、安定性を重視して地面に着く部分を4本にしているタイプなどもあります。

 

膝に痛みがある場合は、装具療法を取り入れることで痛みを軽減させたり、膝にかかる負担を軽減することができます。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

装具療法

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。