膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

温熱療法


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝痛の原因が炎症や腫れの場合は、患部を冷やすことで炎症を鎮めることができます。

 

しかしずっと冷やし続けてしまうと、今度は血行不良を起こし痛みが悪化することがあります。

 

温熱療法の目的は、温めることで血行を促進させ代謝を上げ膝痛の痛みを緩和する事です。

 

温めることでコリもほぐれますし、筋や筋肉を動かしやすくなるので膝痛の治療は炎症を起こしている時を除いて温めることが大切です。

 

やり方は種類によって変わりますが、主にホットパック、電気治療、超音波、赤外線、レーザーという方法があります。

 

ホットパックは病院で行う方法ですが、専用のジェルが入ったパックを温めそれを患部に当てて使用します。

 

超音波、赤外線、レーザーも病院で行う治療法ですが、電気治療がこれに当たります。

 

それぞれ専用の機械を使って膝やその周辺を温めることができます。

 

自宅で出来る温熱療法としては、お風呂に入って体を温める事や、温湿布、使い捨てカイロ、サポーターや身につけると暖かい下着などでも温熱療法の効果を得ることができます。

 

病院で温熱療法を行いながら、自宅でもできる温熱療法を取り入れる事で、冷えを防ぎ痛みを軽減する事ができます。

 

特に寒いと感じない時期でも、膝は冷えると痛みが出るので普段から足や下半身を冷やさないよう注意しておきましょう。

 

ひざ掛けを1枚かけるだけでも冷え予防になります。

 

使い捨てカイロを使う場合は、低温やけどに注意してタオルなどをあて、直接肌に触れないよう注意してください。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

温熱療法

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。