膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

膝を冷やした方が良い場合と温めた方が良い場合の違いは何ですか?


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝痛になった場合は、原因や状態によって対処法も変わってきます。

 

痛い時には冷やすと痛みが和らぐことがありますが、状態によっては冷やすとかえって痛みが悪化することもあります。

 

膝痛では、膝を冷やした方が良い場合と温めた方が良い場合の違いを知っておくことも大切です。

 

まず急に膝が痛くなったような時、膝が腫れていたり熱を持っているような場合は炎症を起こしているので冷します。

 

氷や保冷剤で冷やしますが、冷やす時間も炎症具合によって変わります。

 

氷でアイシングした後に炎症が治まるまで湿布で冷やすこともできます。

 

しかしある程度炎症が治まると、冷やしてばかりでは痛みが悪化することがあります。

 

温めるのは腫れや熱がない状態の慢性的な痛みの時です。

 

痛みの原因自体は膝のトラブルですが、この時冷やし続けてしまうと血行不良を起こし筋肉や筋がコリ固まってしまいます。

 

代謝も低下するので、ある程度炎症が治まったら温めるようにします。

 

温める場合は自宅では温湿布やサポーター、病院ではホットパックや電気治療で温めていきます。

 

温めることで血行が促進され代謝もアップします。

 

筋肉や筋も温めることで柔軟性が出ますし、細胞が活性化すれば治癒力も高まるので温めるだけでも痛みが和らいでいきます。

 

自宅でも簡単に膝を温めることができますが、症状によってはより深い部分まで温めることができる電気治療の方が効果的な場合もありますので、医師と相談しながら治療をしていきましょう。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

膝を冷やした方が良い場合と温めた方が良い場合の違いは何ですか?

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。