膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

レントゲンで異常がなかったのに膝が痛いのは何故ですか?


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝痛の診断をする場合にはいくつかの方法があります。

 

どのような痛みがあるのか問診、視診、触診である程度予想ができる場合もあれば、レントゲン検査ではっきりすることもあります。

 

しかしレントゲンで異常がなかったのに膝が痛いというケースもあります。

 

この場合考えられるのは、痛風や靭帯に原因があるなど、レントゲンには映らない部分の原因です。

 

大抵の場合はレントゲン検査で診断できますが、中には映らない原因もあるのでこの場合は他の検査で診断することができます。

 

ただし個人病院のように設備が整っていない病院だと、レントゲン検査で異常がないとどこにも異常が見つからないと言われることもあります。

 

膝痛の原因は必ずしも骨や関節といったレントゲンで映るものではないので、他の検査を受けることも考えてみましょう。

 

ただし成長痛のように一時的な膝痛の場合は、痛みがあっても原因がはっきりしていて時間が解決するという場合もありますので、この場合は特に治療をしないで様子を見ることもあります。

 

膝痛にも色々な原因があって、対処法も変わってきます。

 

明らかに痛みがあって、原因がはっきりしない場合は設備の整った病院で検査をしてもらうことで原因が分かることもあります。

 

膝痛の原因は、全てレントゲン検査では診断できないということも覚えておくといいでしょう。

 

このような場合、ランナーニーズであることも多いと言われています。

 

マラソンやジョギングを趣味としている人に多い症状です。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

レントゲンで異常がなかったのに膝が痛いのは何故ですか?

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。