膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

膝の内側が痛い原因は何ですか?


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝の内側が痛む場合に考えられる原因は、鵞足炎かX脚によるものです。

 

鵞足炎の多くはスポーツをする時、キックやジャンプという瞬間的に大きな負荷がかかる動作をする場合になりやすいと言われています。

 

サッカーでボールを思い切り蹴る、サッカーなど全速力で走りながら急な方向転換をするような場合、水泳の平泳ぎでキックする時、長距離のマラソンなどが鵞足炎になりやすいので注意しましょう。

 

また生まれつきX脚の人は、まっすぐに立っているつもりでも足が曲がっているので、どうしても膝の内側に負担がかかりやすく膝の内側が痛くなることがあります。

 

この場合はスポーツならウォーミングアップとクールダウン、念入りなストレッチをし、サポーターやテーピングで膝に掛かる負担を軽減すればリスクも軽減されます。

 

X脚の人の場合は、歩く時に靴や中敷でバランスを保てるよう工夫する事や、足の矯正をする事で対処も予防もできます。

 

X脚の場合はどうしても足の裏が斜めに地面につきやすいので、膝痛になりやすいと言われています。

 

痛みを感じた場合はすぐに病院に行って、適切な処置や治療を行いましょう。

 

炎症が酷い場合は、炎症が治まるまで冷やし安静にしているなど注意事項も知っておくといいでしょう。

 

病院に行った時に注意すべきことも聞いておくと安心です。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

膝の内側が痛い原因は何ですか?

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。