膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

アルコール(お酒)を飲むと膝が痛くなる原因は何ですか?


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝痛の原因にも色々ありますが、アルコールが痛みの引き金になることもあります。

 

お酒を飲んだ後に必ず膝痛が出るという人もいますが、これはアルコールを飲んだ時、ビタミンB1が不足してしまうからだと言われています。

 

ビタミンは健康維持にも欠かせない成分ですが、ビタミンB1が不足すると神経が過敏になる傾向があります。

 

元々膝痛がある人がお酒を飲むと、神経を刺激してしまうため膝に痛みが出てきます。

 

アルコールには利尿作用があるので、飲めば飲むほど脱水症状となってしまいます。

 

この時、電解質のバランスが崩れてしまうので、筋肉にもダメージを与え筋肉の痛みも発症する事があります。

 

これがアルコールを飲んだ後に膝が痛くなる原因と言われています。

 

お酒を飲まないのも一つの方法ですが、仕事や付き合いなどでお酒を断れない場合は、ビタミンB1が豊富なものをおつまみにするといいでしょう。

 

豚肉やうなぎなどはビタミンB1が豊富なのでおつまみにも最適です。

 

ただし毎回このようなおつまみを用意出来るとも限りませんし、毎日のように飲む場合はカロリーの摂り過ぎも気になってしまいます。

 

こういう場合にぴったりなのが、サプリメントです。

 

ビタミンB1を多く含むサプリメントもいいですし、膝痛予防に効果が期待できるグルコサミンコンドロイチンなどのサプリメントにはビタミンB1を配合しているものも多いので配合している成分をチェックして選んでみてください。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

アルコール(お酒)を飲むと膝が痛くなる原因は何ですか?

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。