膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

膝の痛みにお勧めのサポーターはありますか?


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝痛にはサポーターを使うのも効果があります。

 

ここでは、膝の痛みにお勧めのサポーターをいくつか紹介します。

 

サポーターも種類があるので、自分に合ったものを見つけましょう。

 

★ひざ軽さん★

 

 

特徴:薄手なのにしっかりサポート

 

効果:膝を安定させ固定するので膝を外側から内側に寄せ痛みを緩和。

 

値段:1,980円

 

仕組み:テーピング理論に基づき開発されているので、膝周りの筋肉をサポートし膝の曲げ伸ばしをサポート。

 

レビュー:薄いので邪魔にならず、左右の区別がしやすく使いやすい。

 

★みんなの ひざサポーター★

 

 

特徴:膝の曲げ伸ばしが楽でめくれにくく丸まりにくい。

 

効果:膝の曲げ伸ばしをサポート。

 

値段:3,942円

 

仕組み:両サイドにスパイラルボーンを入れているからズレを防ぎフィット感をアップさせる。

 

レビュー:ずれにくく丸まらないので使いやすい。

 

★勝野式ひざ楽さん★

 

 

特徴:関節の動きを肝下駄立体構造と特殊ボーン内蔵で膝をしっかりと固定できる。

 

効果:裏地に遠赤効果のある生地を使用したことで膝を支えながら温めることができる。

 

値段:5,960円

 

仕組み:国際宇宙ステーション内で使用しているミネラル繊維が保温効果を発揮し消臭抗菌作用もある。

 

レビュー:マジックテープ式なので固定しやすくサイズも合わせやすい。

 

★中山式ひざ用医学関節帯★

 

 

特徴:補強ベルトがらせん状に巻きつくので膝をしっかりサポート。

 

効果:膝痛の緩和と膝の保護。

 

値段:3,600円

 

仕組み:膝上は外側からひざ下は内側からベルトを巻くことでひねり作用が働き膝を安定させる。

 

レビュー:締め具合を自分で調節できるので快適。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

膝の痛みにお勧めのサポーターはありますか?

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。