膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

膝の水を抜くと癖になりますか?


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝に水が溜まってしまうと、それを抜かないと腫れや痛みが引かないこともあります。

 

水と言われているのは実は関節液のことですが、これを抜くと癖になるので良くないと言われることがあります。

 

しかしこれは間違った考え方です。

 

そもそも関節液は膝の関節の動きをスムーズにするために必要なものですが、炎症を起こした時にいつもよりも過剰に分泌することで炎症を抑えようとします。

 

これが膝に水が溜まるという状態になります。

 

炎症が治まるまで関節液の過剰分泌が続くので、1回水を抜いただけでは改善されないこともあるのです。

 

膝に水が溜まるというのは、炎症に対しての体の防御反応なので炎症が治まれば水も溜まらなくなってきます。

 

従って、「膝の水を抜くと癖になる」というのは誤った考え方だと言うことになります。

 

関節の炎症を起こす原因をしっかりと改善しない限り、何度も繰り返すことになるので癖になると言われているようです。

 

この場合は関節液を抜きながら炎症の原因を突き止め、それを治療するなり改善することが大切です。

 

膝の水を抜く場合は注射器などで取りますが、針を刺すので痛みもあります。

 

また膝痛の診断をする場合に関節穿刺という膝の関節液を採取して検査する方法もあるので、これも言ってみれば膝の水を抜くことになります。

 

腫れやむくみがある以上膝の水を抜くのも必要な治療方法ですし、癖になるという事ではないのでしっかりと治療をしていきましょう。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

膝の水を抜くと癖になりますか?

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。