膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

自宅で出来る膝痛改善のトレーニングはありますか?


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝痛は病院での治療も大切ですが、自宅での管理やトレーニングを取り入れることで改善するのに役立ちます。

 

自宅で出来る膝痛改善のトレーニングをする時には、炎症具合や痛みの出方によっては無理をしない方がいい場合もあるので、炎症や腫れがある場合は炎症が治まるのを待ちましょう。

 

ある程度炎症も治まってきたら、少し痛みが残っていても軽い運動をすることで痛みが和らぐこともあります。

 

膝痛の原因にもよりますが、筋肉や筋が凝り固まっているのも痛みを悪化させる原因です。

 

無理のない範囲で膝痛改善のトレーニングを取り入れていきましょう。

 

最初から無理は禁物ですで、まず座ったままでもできる膝の曲げ伸ばしや、膝の上げ下げなど簡単なものから始めます。

 

座ったままよりも椅子に腰掛けて行う方が楽な場合は、椅子を使うのもいいでしょう。

 

毎日続けることで少しずつ筋力もついていきます。

 

慣れてきたら壁に手を付き立ったままで、膝の上げ下げもできるようになります。

 

痛みがなく調子が良い時には、ウォーミングアップを十分にしてからウォーキングなどもやってみましょう。

 

運動やトレーニングといっても、ごく軽いものから始めて行けば年齢に関係なく自宅でもトレーニングができます。

 

体力に自信がない場合は、ラジオ体操などもおすすめです。

 

座ったままでもできるので、無理のない範囲でゆっくりと進めて行きましょう。

 

その場でできるスクワットは、足全体を鍛えることもできるのでおすすめです。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

自宅で出来る膝痛改善のトレーニングはありますか?

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。