膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法

膝の痛みの予防法


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター

 

膝痛はある程度日常生活の中で注意をすれば、予防することも可能です。

 

予防法についてはいくつかあるので、その方法を紹介します。

 

膝痛対策の体操、ストレッチも膝痛予防に効果的です。

 

膝周囲の筋肉や筋を常に鍛えておくことで、柔軟性を維持できますし、周囲の筋肉を鍛えることで膝に負担が集中するのを防げます。

 

椅子を使った運動も膝痛予防にはおすすめです。

 

膝が痛いとできるだけ動かさないようにしようと考えますが、ある程度筋力をつけることで負担を軽くできます。

 

冷え予防のエクササイズは、冷え性の人におすすめです。

 

体が冷えることで血行不良を起こし膝痛を悪化させることもありますので軽い運動で体を温め血行を促進させます。

 

膝のサポーターも冷えから守ることで、膝痛の痛みを緩和できます。

 

温熱効果のサポーターなどもあるので、症状に応じて使い分けもできます。

 

テーピングは膝を動かすと痛い時に固定することで痛みを緩和させることができます。

 

ですが、正しい巻き方をしないとかえって症状を悪化させることもあるので、ある程度の知識が必要です。

 

理想体重の維持(BMI)も意識してみましょう。

 

BMIというのは肥満指数のことです。

 

身長x身長分の体重で割り出しますが、22を平均として25以上を肥満としています。

 

サプリメントは、膝の軟骨がすり減ってしまった時、軟骨の再生をサポートする効果が期待できます。

 

ただし即効性がないので続けることが大切です。

 

正座は膝に強い負担をかけることになるので、足をくずして座るか椅子を使うようにしましょう。

 


自宅で膝のリハビリができる作業療法士考案の膝サポーター


Copyright (C) 膝の痛みの原因・解消法・薬・治療法 All Rights Reserved.

膝の痛みの予防法

ランナー膝(腸脛靱帯炎)、鵞足炎(鵞足滑液包炎)、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット病、半月板損傷、靭帯損傷、膝の裏の痛み、ベーカー嚢腫、大腿四頭筋炎、滑膜ヒダ障害(タナ障害)、関節水腫などでお悩みの方に役立つ情報を紹介しています。